お布施やご懇志の額ってどうなのよ?

覚円寺ではお布施、ご懇志の金額を決めてはいません。

主体となるのはお布施をされる側のみなさんです。

お布施やご懇志の額については、よく質問されることが多いんですよね。
確かに、はっきりとした金額をお示ししたほうが分かりやすくていい、親切だ、という考え方があるのは重々承知しています。金額を示しているお寺があるのも理解しています。
また昨今では、南米の地名のような、その昔仮面ライダーにもいたような名前の外資系会社の、金額を明示した僧侶派遣サービスが人気だとか。

しかし、本来お布施やご懇志というものは、何かのサービスを受けた「対価」としてあるものではありません。
あくまでも、そのお寺や本山を護持していくための、いわば「寄付」のようなものと考えていただきたいと私は思っています。
ですので、覚円寺では金額を示していません。
先代の住職がこう申しておりました。

「少なくても結構、多くても怒りませんよ。(笑)」

私は先代のこの考えを引き継ぎ、今に至っております。
金額の多少は阿弥陀様のおはたらきには何の影響もありませんから!

無理のない程度で結構ですよ。