浄土真宗ってどんな教え?

阿弥陀様が「私」にお念仏させて、今そのままに救ってくださるという教えです。

ひとことでお伝えするのは難しいのですが、あえて簡単に申し上げますと、阿弥陀様が、この「私」に南無阿弥陀仏とお念仏をさせ、そのお念仏のはたらきによってこの「私」が間違いなくお浄土に生まれさせていただき、「ほとけ」とならせていただくという教えです。

浄土真宗ではお浄土に生まれさせていただくことを往生(おうじょう)」といいます。この往生は命を終えた時とされます。しかし阿弥陀様の救いは決して死後の未来のことではありません。

今の私に向かって

「私を南無阿弥陀仏と呼んでくれ、あなたをかならず往生させ、かならずほとけに育てあげる。」

と、つねに願いはたらき続けてくださっているのが阿弥陀様です。

往生、ほとけとなることが決定するのは未来のことではなく、阿弥陀様のこの願いをそのままに聞き受けて、お念仏を称えさせていただいている、今この時です。

私はすでに阿弥陀様の救いの中にあるんだ、間違いなく仏にならせていただくんだ、ということを自覚し、お念仏の中で日々の生活をしていく。これが浄土真宗の念仏者といえるでしょう。

また、ほとけとなったら今度は阿弥陀様と一緒になってこの世界に戻り、人々を自在に教え導き、救済できるようになります。
ほとけになるということは、決して停滞することではありません。はかり知れない大きな救済力となって、迷い苦しむあらゆる人々を救い続けることができる存在になる、これがほとけになることなのです。