真宗木辺派の「〇〇派」って何ですか?

「真宗木辺派」とは、浄土真宗教団のひとつです。

よく、
「覚円寺さんは、西ですか?東ですか?」
って聞かれます。

「いえいえ、ウチは木辺派なんです」
って答えると、だいたい

「は?木辺派ってなんですのん?」

ってなるわけですよ。

西本願寺と東本願寺があまりに大きいので、一般に浄土真宗にはこの二つの派しかないように思われているところがあります。

実は浄土真宗には歴史的な経緯からたくさんの本山があり、それぞれに派があります。覚円寺は滋賀県野洲市にある錦織寺を本山とする、真宗木辺派に属しています。

そして本山の大きさや所属寺院の数はさまざまですが、それぞれの本山には上下の関係はなく、横並びとなっています。
また、各本山にそれぞれの歴史と伝統があり、作法やご紋(エンブレム?)が違ったりという特色はありますが、親鸞聖人をご開山とする浄土真宗としてのおしえは同じです。ですので、本山が違っていてもケンカをしたり、言い争っているわけではありませんので、どうぞご安心下さい。

また、各宗派が協力して活動している組織として「真宗教団連合」があります。
毎年、カレンダーの制作や僧侶の研修をおこなっています。
真宗教団連合加盟の本山・宗派は以下の通りで、「真宗十派」と呼ばれています。

浄土真宗本願寺派(西本願寺)
真宗大谷派(東本願寺)
真宗高田派(専修寺)
真宗仏光寺派(仏光寺)
真宗興正派(興正寺)
真宗木辺派(錦織寺)
真宗出雲路派(毫摂寺)
真宗誠照寺派(誠照寺)
真宗三門徒派(専照寺)
真宗山元派(証誠寺)