10月度「写偈」のご案内

令和元年も残すところ3か月となりました。

「暑さ寒さも彼岸まで」

とは言うものの、まだ暑い日が続いていますね。
でも天気予報を観ますと、もうそろそろ本格的な秋がやってきそうな感じです。
急な気温変化があるかも知れません。どうぞ体調管理は十分になさって下さいね!

さて、10月度の写偈のご案内です。
みなさんお誘いあわせのうえ、どうぞお寺にお越し下さい。

15時からは住職によるプチ法話&ご文の解説をさせていただきます。

日時:令和元(2019)年10月20日(日)13時~17時
参加費:500円(前回来られて、用紙の続きをされる場合は300円)
持ち物:特に必要ありませんが、ご自身の筆を使われる方はお持ち下さい。

時間内でしたら、いつお越ししただいても、お帰りいただいてもOKです。

9月度「写偈」のご案内

もうすぐ夏が終わりかと思ったとたんに雨の毎日ですね。
九州などの地域では、大雨による大変な被害が出ていると聞きます。被害がこれ以上大きくならないことを念じあげております。
どうかどうかご無事で。

9月度の写偈のご案内です。
多少は秋の気配が感じられる頃になるかと思います。
みなさんお誘いあわせのうえ、どうぞお寺にお越し下さい。

15時からは住職によるプチ法話&ご文の解説をさせていただきます。

日時:令和元(2019)年9月29日(日)13時~17時
参加費:500円(前回来られて、用紙の続きをされる場合は300円)
持ち物:特に必要ありませんが、ご自身の筆を使われる方はお持ち下さい。

時間内でしたら、いつお越ししただいても、お帰りいただいてもOKです。

秋季彼岸会永代経をおつとめします

平成31(2019)年9月15日(土)14時から16時ころまで
講師 浄土真宗本願寺派布教使 旭照寺 山上正尊師

覚円寺では、春と秋のお彼岸の頃に
「彼岸会永代経」
をお勤めさせていただいております。

当日はみなさんと一緒に『仏説阿弥陀経』を読経し、阿弥陀さま、お釈迦さま、七高僧さま、親鸞さまのお徳を讃嘆させていただきます。

また、ご講師をお迎えし、ご法話を聴聞させていただきます。
今回のご講師は浄土真宗本願寺派布教使、旭照寺の山上正尊先生です。
山上先生は雅楽などによる音楽法要に精通なさっている方で、以前のご法話の席では篳篥(ひちりき)の実奏もして下さったこともあります。
今回も分かりやすいお話しがいただけることでしょう。

経本はこちらで用意いたしますので、お念珠をお持ちのうえ。どうぞお寺にお越し下さい。

なお、多少は問いませんので、法要の運営費となるご懇志をお持ち下さいますと、お寺としては大変助かります。