7月度「写偈」のご案内

梅雨ですねぇ。この時期はいつ雨が降るか分からないので困ります。
みなさんどうお過ごしでしょうか。

さて、7月も「写偈」を開催いたします。
ちなみに筆で書き写させていただくこの『正信偈』、正式には『正信念仏偈』といいます。
親鸞聖人が浄土真宗の「正しい」「信心の」「念仏」をあきらかにされ、同時にその信心念仏をご自身のうえでの慶びとしてあらわさんとの思いからお作りになられた偈文(漢詩)です。
浄土真宗の各派でそれぞれ読み方の「ふしまわし」は違うものの、浄土真宗の教えがすべて込められているものとしてとても大切にされています。

「写偈」では15時頃から、その『正信偈』の内容、味わいについて、住職ができるだけ分かりやすくお話しさせていただきます。

まだ『正信偈』に触れたことのない方、筆で偈文を書き写してみたいと思われる方も一度お寺にお越しください。
お茶とお菓子を用意してお待ちしています。

日時:令和元(2019)年7月21日(日)13時~17時
参加費:500円(前回来られて、用紙の続きをされる場合は300円)
持ち物:特に必要ありませんが、ご自身の筆を使われる方はお持ち下さい。

時間内でしたら、いつお越ししただいても、お帰りいただいてもOKです。

6月度「写偈」のご案内

お知らせが大変遅くなってしまい、誠に申し訳ございません。
6月度も写偈、行いますっ!

このサイトをご覧になって、「写偈ってなんだ?」「写経の間違いではないの?」と思われたそこのあなた!
写偈というのは、親鸞聖人が作られた『正信偈(しょうしんげ)』を筆で写し、味わおうという企画です。
『正信偈』は「偈文(げもん)」、つまり漢詩のひとつです。正確にはお経とは違うということで、私どもでは写経ではなくあえて「写偈(しゃげ)」と呼んでいます。
お寺にお越しのうえ、一度ぜひご参加下さい!

日時:令和元(2019)年6月30日(日)13時~17時
参加費:500円(前回来られて、用紙の続きをされる場合は300円)
持ち物:特に必要ありませんが、ご自身の筆を使われる方はお持ち下さい。

時間内でしたら、いつお越ししただいても、お帰りいただいてもOKです。

15時からは「住職法話」もさせていただきます。
『正信偈』の内容についてお話しをしますので、こちらのほうもどうぞよろしくお願いいたします。

4月度「写偈」のご案内

少しだけ暖かくなってきたような感じがします。
テレビを見てますと、桜の開花情報はちらほらと聞かれるようになりました。
しばらくは過ごしやすい季節となりますね。

さて毎月恒例「写偈」のご案内です。
今回、平成最後の開催となります。でも写偈は新元号になってもまだまだ続きますよ~。

日時:平成31(2019)年4月14日(日)13時~17時
参加費:500円(前回来られて、用紙の続きをされる場合は300円)
持ち物:特に必要ありませんが、ご自身の筆を使われる方はお持ち下さい。

時間内でしたら、いつお越ししただいても、お帰りいただいてもOKです。

また15時からの「住職法話」もさせていただきます。
お話し下手で申し訳ないことでありますが、できるかぎり分かりやすい法話を目指したいと思います。
みなさまのお越し、心からお待ちしております!