自死に向きあう関西僧侶の会「お盆のおつとめ」

住職が参加しております、自死に向きあう関西僧侶の会では、8月1日(日)、大阪・本町にあります本願寺津村別院(北御堂)において、大切な方を自死で亡くされたご遺族を対象とした「お盆のおつとめ」を執り行うことになりました。

分かち合いへの参加はしずらいというご遺族も、よろしければ、このおつとめにご参加いただければと考えております。

詳細は、自死に向きあう関西僧侶の会ウェブサイトをご覧ください。

事前申込制ですので、ご参加を希望される場合はフォームからお申込みください。

令和3年度 福島区お盆の夕べ

今年も「福島区お盆の夕べ」が開催されることになりました。

8月16日(月)16時~20時
大阪市中央卸売市場正面川沿い
(大阪市福島区野田1-1)

浄土真宗ではお供えものを川に流す精霊流しや、迎え火・送り火という風習はとくにありません。
しかし、先に仏さまとなられ、いつもそばから私たちを教え導いてくださっている方を思い、改めてそのご恩に感謝する時期として、お盆は重要な行事のひとつとなっております。

当日は福島区内の各宗派の僧侶が、それぞれの教義に基づいた読経をいたします。(覚円寺住職も参加予定です。)
真夏の夕暮れ、川沿いの散歩を兼ねて(?)どうぞお越し下さい。

7月度の写偈、予定通り開催します

(Instagram始めました!「kakuenji」または「真宗木辺派覚円寺」「覚円寺」で検索!)

久しぶりの写偈、予定通り開催いたします!

手指用消毒液の準備、換気を徹底いたします。
ご参加くださる方も、可能な限りマスクの着用をお願いいたします。

日時:令和3(2021)年7月18日(日)13時~17時参加費:500円(前回来られて、用紙の続きをされる場合は300円)
持ち物:特に必要ありませんが、ご自身の筆を使われる方はお持ち下さい。

時間内でしたら、いつお越ししただいても、お帰りいただいてもOKです。ただし、法話のあと参加者の方がすべて帰られるなど、その時の状況をみて終了時刻を早めることもございますので、どうぞご了承ください。