令和二年度秋季彼岸会永代経をお勤めしました

9月20日、覚円寺では無事、秋季彼岸会永代経のお勤めをさせていただきました。
コロナウイルスの影響で、春の彼岸会は5月に延期したうえで、さらに寺族のみでの「内勤め」という、少々寂しいものになってしまったため、今回無事にお勤めできたのは大変うれしかったです。

これからは、消毒液の準備や換気などの対策をとりながら、様子を見つつ行事を進めていかねばなりませんね。

今回は大阪府堺市・旭照寺から、山上正尊先生にご講師としてお越しいただきました。

親鸞聖人が著わされた『教行信証』「真仏土巻」の最初のご文、

「つつしんで真仏土を案ずれば、仏はすなはちこれ不可思議光如来なり、土はまたこれ無量光明土なり。しかればすなはち大悲の誓願に酬報するがゆゑに、真の報仏土といふなり。すでにして願います、すなはち光明・寿命の願これなり」

をご讃題として、真実報土・方便化土について分かりやすくお話しいただきました。私たちは常識として、分別することを良しとして生活していますが、お浄土、それも真実報土と呼ばれる「本当の」お浄土は、私たちの常識・分別を超越した世界である、ということを教えてくださいました。

「令和二年度秋季彼岸会永代経」のお知らせ

覚円寺では、令和2年9月20日(日)午後2時から、秋季彼岸会永代経のお勤めをさせていただきます。

ご講師には本願寺派布教使の旭照寺住職・山上正尊先生をお迎えし、ご法話をいただきます。
(旭照寺HP http://kyokusho.g.dgdg.jp/ )

どなたさまもご参加できますので、どうぞお気軽にお越しください。

なお、新型コロナウイルスへの対策といたしまして、当日は入口に手指用の消毒液を準備のうえ、常時換気を行ないます。
お越しいただける方も、可能な限りマスクの着用をお願いいたします。

また、金額の多少は問いませんので、ご懇志のご協力をいただけましたら、法要の運営費としてとても助かります。

宗祖降誕会永代経をお勤めしました

5月にお勤めを予定しておりました「宗祖降誕会永代経」は、新型コロナウイルスの影響のため、5月24日に寺族のみの内勤めとさせていただきました。

本来ならば、お同行のみなさんと一緒にお勤めし、ご講師の法話を味わわせていただくはずだっただけに、今回はとても寂しく感じました。

政府による緊急事態宣言も、このたび解除されましたので、今後は感染対策を行なったうえで、お休みしていた行事も再開していく予定にしております。寺報「糸ぐるま」や覚円寺ウェブサイトにお知らせを掲載いたしますので、どうぞお気軽にご参加ください。