令和4年度秋季彼岸会永代経のお知らせ

台風14号の影響で延期とさせていただいた、真宗木辺派覚円寺の「秋季彼岸会永代経」ですが、

令和4年10月23日(日)午後2時から

お勤めさせていただきます。

ご講師として、浄土真宗本願寺派旭照寺住職・山上正尊師をお迎えし、ご法話をいただきます。

予定しているお勤めは次の通りです。
真宗木辺派『平成新編勤行集』(通称・赤本)をお持ちの方は当日ご持参ください。
お持ちでない場合でもお寺で準備しておりますのでご安心下さい。

『伽陀』
『表白』
『仏説阿弥陀経』
『浄土和讃(弥陀経讃)』2首
『回向句(自信教人信)』

みなさまのお参りをお待ちしております。

また当日お越しの際、金額は問いませんのでご懇志をお持ちいただければ、お寺としては大変助かります。

なお、当日はお勤めのようす、ご法話をYoutubeでライブ配信させていただく予定にしております。遠方でお越しが難しいといった方はどうぞこちらからご覧ください。
https://youtu.be/FYEKVfPhTek

令和4年度春季永代経法要ライブ中継

覚円寺では、事情により延期としておりました春季永代経を

2022(令和4)年4月26日(火)午後4時より

寺族のみの「内勤め」でお勤めすることにいたしました。
当日はお勤めのようすと、住職のご挨拶をライブ中継いたしますので、お時間がよろしければどうぞご視聴ください。

2022(令和4)年度報恩講のお知らせ

覚円寺では、以下の日程で報恩講をお勤めいたします。

2022(令和4)年1月23日(日)午後2時から4時ころまで

ご講師
浄土真宗本願寺派布教使
大阪府泉佐野市・光瀧寺
喜多唯信師

報恩講は浄土真宗の宗祖、親鸞聖人の御命日(旧暦11月28日、新暦1月16日)に合わせ、浄土真宗各ご本山、各寺院や家庭で営まれる、浄土真宗では最も大切な法要とされます。

覚円寺では、毎年1月にお勤めさせていただいております。
初めての方も、どなた様でもお越しいただけます。どうぞお気軽に覚円寺にお越しいただき、阿弥陀さま、親鸞聖人の教えにお遇いいただきたいと思っております。

オミクロン株の感染拡大が心配されますが、入り口に手指消毒薬の準備、常時換気を行うなどの感染対策をとったうえでのお勤めです。皆様も可能な限りマスクを着用のうえ、万全の体調でお越しください。