令和3年度 春季彼岸会永代経法要のお知らせ

当院覚円寺では春季彼岸会永代経法要をお勤めいたします。

日時:
2021(令和3年)3月27日(土)
午後2時から4時半ころまで

講師:
浄土真宗本願寺派布教使
四条畷市・自然寺
加藤真悟師

当日は皆様と一緒に仏説阿弥陀経をお勤めし、ご講師の法話をお聞かせいただきます。
はるか2500年前にインドにお生まれになったお釈迦様の教えが、時代と距離を経て、いまここにいる私たちに届いてくださったよろこびと感謝。
そしてずっとこれからもこの教えがひろく伝わっていくことを願う法要です。

どなたでもお参りいただけますので、みなさまお誘いあわせのうえ、お気軽に覚円寺へお越しください。

報恩講(内勤め)ライブ配信のお知らせ

みなさま既にご存じのとおり、新型コロナウイルス対応の特別措置法に基づく緊急事態宣言の対象区域に、覚円寺のある大阪府も含まれることになりました。

そのため、残念ながら今年度の覚円寺の報恩講はご講師の法話を取りやめ、寺族のみの内勤めといたします。その代わりとして、当日のお勤めの様子をYoutubeライブ配信することにいたしました。

1月24日(日)午後2時から下記アドレスにて配信をいたします。https://youtu.be/GtF7lYKZImg

お勤めの内容は真宗木辺派の『正信念仏偈(中引)』の予定です。よろしければぜひ一緒にお勤めください。

初めてのことですので、当日は機器の不具合などでお見苦しい、お聞き苦しいことがあるかもしれません。どうかその際はご容赦ください。

どうぞよろしくお願いいたします。

令和二年度秋季彼岸会永代経をお勤めしました

9月20日、覚円寺では無事、秋季彼岸会永代経のお勤めをさせていただきました。
コロナウイルスの影響で、春の彼岸会は5月に延期したうえで、さらに寺族のみでの「内勤め」という、少々寂しいものになってしまったため、今回無事にお勤めできたのは大変うれしかったです。

これからは、消毒液の準備や換気などの対策をとりながら、様子を見つつ行事を進めていかねばなりませんね。

今回は大阪府堺市・旭照寺から、山上正尊先生にご講師としてお越しいただきました。

親鸞聖人が著わされた『教行信証』「真仏土巻」の最初のご文、

「つつしんで真仏土を案ずれば、仏はすなはちこれ不可思議光如来なり、土はまたこれ無量光明土なり。しかればすなはち大悲の誓願に酬報するがゆゑに、真の報仏土といふなり。すでにして願います、すなはち光明・寿命の願これなり」

をご讃題として、真実報土・方便化土について分かりやすくお話しいただきました。私たちは常識として、分別することを良しとして生活していますが、お浄土、それも真実報土と呼ばれる「本当の」お浄土は、私たちの常識・分別を超越した世界である、ということを教えてくださいました。